【2019年版】みずがめ座η流星群のピークな時間や方角を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年楽しみにしている方も多くいる流星群。

とても神秘的です。

1月にしぶんき流星群、4月にはこと座流星群、3番手となるのがみずがめ座η流星群。

今回は、2019年みずがめ座η流星群ののピークな時間・方角などをみてきましょう。

スポンサーリンク

みずがめ座η流星群とは

南半球では、北半球でいうペルセウス流星群並の年間最大流星群を誇る流星群。

ですが、日本では地平高度が低いため、それほど多くは観測されていません。

ゴールデンウィークに極大を迎えるため、出かけるにはいい時期になります。

みずがめ座η流星群のピークな時間

みずがめ座η流星群のηの読み方はイーダ、あるいはエーダといいます。

2019年のピーク(極大)な時間帯5月6日の午後11時ころ。

流れる☆が多い時間帯こと。

ピークな時間は日本では夜半なので、7日の午前0時~午前5時までが見どころ。

2019年の観測条件としては、月明かりもなく、ピークな時間も日本で夜となるので久々に好条件になります。

ゴールデンウィークが終わり、5月の後半であればピークの夜でなくても流星を見つけやすいです。

電波観測でも条件がよく、前後も同じく流星は出現しますので余りピークの時間を気にせず観測していいと思います。

みずがめ座η流星群の方角

流星の観測する方角は八方で流れるのでどこからでも見れます。

みずがめ座η流星群は放射点の高度が低いため、天頂のほうへ向かって流れるのが特徴です。

北半球では高度は低く、あまり数多くは観測できません。

ですが、南半球では高度が上がるため多くの流星が見ることができます。

ゴールデンウィーク後に南半球に行かれる方がであれば絶好のチャンスになります。

月齢をチェック

流星群がよく見えるかどうかは月の明るさがポイントです。

月の明るさは月齢を確認してみましょう。

月齢とは 新月を0歳とした月の年齢。満月が15歳なります。

月齢は1歳でほぼ新月で月明かりに邪魔されないため観測条件はかなり良し。

ゴールデンウィーク時期の気温は、日中暖かい日もありますが、夜から明け方は冷え込み日もあるので、観測する方は防寒をお忘れないようにしてくださいね。

まとめ

今回、2019年のみずがめ座η流星群のピークな時間や方角など見ていきました。

まとめると

  • ピークな時間は5月6日の午後11時ころ。
  • 観測条件が良いため前後でも同じ位の流星が見れる。
  • 月齢は1歳

みずがめ座η流星群の観測は好条件なので見逃さないようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事【2019年版】こと座流星群のピークな時間や方角を調査!

関連記事→うしかい座流星群2019のピーク(極大)時間や方角・月齢を調査!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください