けやき坂46が日向坂46(ひなたざか)に改名したのか理由を調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

けやき坂46が日向坂46(ひなたざか46)に改名することを発表しました。

日向坂46は「乃木坂46」欅坂46」吉本坂46」に続く4つ目の坂になります。

電撃改名なので驚いた方の多いのではないでしょうか?

メンバーの改名については知らされていなかったそうです。

なぜ、改名することになったんでしょうか?気になりますよね。

そこで今回、けやき坂46が日向坂46に改名理由について見ていきます。

スポンサーリンク

けやき坂46が日向坂(ひなたざか46)に改名した理由?

動画配信サイト「SHOWROOM」生配信してグループ改名をサプライズで発表。

サプライズ発表したことも話題なっていますね。

「新たなる旅立ちに向けて」という映像が流れ「改名」の文字が出てくると、佐々木久美さんらメンバーが「すごい」「うれしい」と歓喜。

メンバーの知らなかったことですが、喜びの声が多く、斉藤京子さんは改名が「1番の夢だった」とのことで「めっちゃいい。めっちゃいい」と興奮がとまらなかったそうです。

坂道シリーズは「乃木坂46」「欅坂46」とともに、港区に関連する坂道グループが誕生。

日向坂は都内で実在しますが、読み方違いで「ひゅうがざか」で東京港区の三田にあります。

改名理由はまだ明らかになっていませんが、改名することにより、メンバーが喜びあって「すごい」「うれしい」「1番の夢だった」と前向きに話しています。

もしかすると、改名することやサプライズ発表することにより、メンバーの向上心をあげることが狙いの1つだったのかもしれませんね。個人的意見ですが……

情報が入り次第追、記致しますね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください