全国打ち上げ数花火大会2017ランキングTOP10・日程や場所と見どころ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっとこの時期がやってきました。皆さん気になるでしょう。全国の花火大会打ち上げ数ランキング、事前に知っとく予定が組めて自分にあった花火大会が見つけやすいので見ていきましょう。

スポンサーリンク

全国花火大会ランキングTOP10

第1位 長野 第69回諏訪湖祭湖上花火大会

  • 日程 2017年8月15日(火)19時00分~
  • 場所 長野県訪市湖岸通り 湖畔公園前諏訪湖上
  • 打ち上げ数 約40000
  • 雨天時 決行
  • 駐車場 4700台(無料)一部有料あり

湖上花火大会は規模もかなり大きくなんていっても湖面を華麗で綺麗に流れる全長約2Kmのナイアガラは誰が観ても納得するぐらい素晴らしい花火になっており、水上スターマインもあり、水面をスレスレで披露されるため花咲になり見物となっている。

第2位 静岡 全国花火大会名人選抜競技大会 ふくろい遠州の花火2017

  • 日程 2017年8月11日(金)
  • 場所 静岡県袋井市・原野谷川親水公園
  • 打ち上げ数 約25000
  • 雨天の場合 順廷
  • 駐車場 なし

静岡県で開催されるふくろい遠州花火。質量が素晴らしく、花火の変色で表現(富士山)表現する、空中ナイアガラ大富士瀑布や音楽と花火をコンピューター制御するメロディースターマインビックバンと呼ばれている日本一ジャンボスターマインなど豪華になっているので是非一度見ることをお勧めする花火となっている。

第3位 東京 第40回隅田川花火大会

  • 日程 2017年7月29日(土)19時05分~20時30分
  • 場所 台東区隅田川桜橋下流~言問橋上流・墨田区駒形橋下流~▲橋上流
  • 打ち上げ数 第1会場 約10300発・第2会場約11700発 計22000
  • 雨天の場合 翌日順廷
  • 駐車場 なし

第40回隅田川花火大会は会場が2か所あり、それぞれ違った魅力があり第1回会場では多種の作品が見られ芸術的なものになって見てる人たちを楽しませる。第2会場はスターマインや隅田川花火の独自な花火が堪能でき、見物になっている。

第4位 家庭教師のアルファPresents第7回北海道真駒内花火大会(有料)

  • 日程 2017年7月8日(土)19時50分~20時50分
  • 場所 北海道札幌市南区真駒内公園3-1真駒内セキスイハイムスタジアム
  • 打ち上げ数 約22000
  • 雨天の場合 9日(日)延期
  • 駐車場 無

真駒内花火大会は道内トップクラスの花火で約22000発打ち上げられ、光(照明)音楽・花火・炎という大がかりな花火構成になっており、迫力あること間違いなしなっていて、各地でも人気もあり活躍している丸玉屋、全国花火協議会で素晴らしい賞(内閣総理大臣賞)も受賞する紅屋青木煙火店などありえないキャスティングになっており多種な花火や迫力ある花火が堪能できる。有料席がお勧めします。

第5位 長崎 ハウステンボス九州一花火大会(有料あり・特別観覧席)

  • 日程 2017年9月23日(土)18時45分~21時00分
  • 場所 長崎県佐瀬保市・ハウステンボス町1-1
  • 打ち上げ数 約22000
  • 雨天の場合 雨天決行(荒天の場合・未定)
  • 駐車場 あり

ハウステンボス花火大会は西日本トップクラスの花火大会で国内でも有名な花火師15社が合わせて1発を打ち上げ、5分間で約4000発打ち上げられる大スターマインが素晴らしい作品となっており、迫力も十分すぎるくらいある。

第6位 第32回利根川大花火大会(無料)

  • 日程 2017年7月16日(日)18時00分~21時00分
  • 場所 茨城県猿島群境町さかいリバーサイドパーク・利根川河川敷
  • 打ち上げ数 約20800
  • 雨天の場合 17日(祝)延期
  • 駐車場 1500台(有料・無料どちらもあり)

利根川大花火大会は約20800発が打ち上げられ、花火と音楽の融合技を堪能でき、スターマインを間近で鑑賞することができ、迫力はもちろん満足するものなるでしょう。

第7位 第86回土浦全国花火競技大会(有料)

  • 日程 2017年10月7日(土)18時00分~20時30分
  • 場所 茨城県土浦市佐野子 桜川河畔 学園大橋
  • 打ち上げ数 約20000
  • 雨天の場合 8日(日)延期で(8日(日)も中止の場合・9日(祝)・14日(土)・15日(日)どれか1日)
  • 駐車場 5000台(無料)有料もあり

土浦全国花火大会は、全国の煙火業者約60社で花火対決(技)出し合い、発色や煙火の10号玉の打ち上げや創作花火や、速射連発のスターマインなど3部構成となっており、煙火技術はここでしか見れない素晴らしいものが観れる。

第8位 新潟 長岡まつり大花火大会(有料)

  • 日程 2017年8月2日(水)19時20分~21時10分
  • 場所 新潟県長岡市岡村町・信濃川河川敷 長生橋下流
  • 打ち上げ数 約20000発(2日間)
  • 雨天の場合 中止(小雨なら決行)
  • 駐車場 あり

長岡まつり花火大会は日本三大花火大会のひとつで、全長約2kmにもある復刻祈願花火フェニックス。2日・3日、2日間ともに5分で圧倒的な超大型花火の演出が見られて欠かせない花火となっている。

第9位 山形 第38回山形大花火大会

  • 日程 2017年8月14日(月)19時00分~21時00分
  • 場所 山形市須川河畔反田橋
  • 打ち上げ数 約15000発~約20000
  • 雨天の場合 中止(小雨なら決行)
  • 駐車場 なし

山形大花火大会は約15000発~20000発が打ちあがり、珍しい花火が見れる。打ち上げ花火とウォータースクリーンの花火が素晴らしく迫力あること間違いなし。

第10位 石川 第32回川北まつり北國大花火川北大会

  • 日程 2017年8月5日(土)20時10分~21時30分
  • 場所 能美郡川北町・手取川河川敷(簡易グラウンド)
  • 打ち上げ数 約20000
  • 雨天の場合 6日(日)延期(小雨なら決行)
  • 駐車場 1200台・1日/1000円

最後に

    石川県で開催される大花火川北大会のみどころは、スクランブルスターマインやスターマイン5基の打ち上げなど多種の花火が堪能でき、ラストを飾るのは連発花火約2000発打ち上げられる。

    全国の花火大会の打ち上げ数ランキングTOP10をご紹介しましたがいかがでしたか?多種多彩の花火がたくさんあって打ち上げ数も多いんでそれぞれ魅力がある花火大会だとおもいます。ニーズに合った花火大会を見つけていい思い出を沢山作りましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*