ロヒンギャ問題とは?わかりやすく解説・原因や現在を調査!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、

毎日さまざまなニュースが飛びこんで来ますが、

6日にロヒンギャ難民が10万人、無人島に移送する計画を立てていると発表しましたね。

ロヒンギャ問題があります。

しかし、ロヒンギャってなに?

ロヒンギャ問題ってなに?

って人もたくさんいらっしゃると思います。

今回は気になる人もいると思うので、

ロヒンギャ問題をわかりやすくご紹介しますが、

この問題はかなり奥が深く、複雑になので、

専門家見たくは書けませんが、

少しでも簡単にわかりやすく、

読んでくれている人に伝るように書いていきます。

スポンサーリンク

ロヒンギャとは?何?

わかりやすくいうと、

ロヒンギャとは民族の名前です

古くからミャンマーに住んでる民族だそうです。

これは、ロヒンギャ民族の知識人による情報らしいです。

保守的なイスラム教を信仰していると言われています。

ロヒンギャの人口は記載されていないため、

はっきりとした数字はわかりませんが、

ミャンマーに住んでいることから、

ミャンマーの一部にロヒンギャ民族の村があり、

約110万人にくらいいると言われています。

ロヒンギャは1950年代からしか、

確認ができなくて、

ミャンマー地方がイギリスの植民地になると、

ベンガル地方からも移住してきて住み着くようになって、

このような現象が起きてから、

ミャンマー地方に住むとベンガル地方の人達が、

争いが起きるようになって、

イギリスの統治の関係とかがあり、

少数民族が支配するようになっていったそうです。

  • ロヒンギャ・少数派(ビルマ人)
  • 今現在のミャンマー人・多数派

移民する人は次々増えていき、

反政府組織のように、争いが耐えなく起こす人のいたそうです。

ロヒンギャ問題とは?原因は?

ミャンマーは、1982年軍事政権によって、

ミャンマー人を定義する国籍法が整備されていて、

その法律から始まったことから、

ミャンマー人ぼ定義から外れるとされてしまった、

ロヒンギャ難民は無国籍状態に置かれている状態になります。

差別化がひどく、

初めは、ロヒンギャ族が昔から住んでいることにも関わらず、

ミャンマーの政府はバングラディシュから移住したことにして、

不法移住としての扱いにして差別化をしています。

国民の9割以上が仏教徒であるミャンマーでは、

イスラム教徒のロヒンギャの人々は異端されて、

宗教的の意味でも存在を否定され続けているのです。

このようなことが問題から、

ロヒンギャの人の逃げ道がなく、

世界でもっとも迫害されていると

言われるようになったのです。

まとめ

今回はロヒンギャについて調べてみました。

世界では見えないところで残酷なことが多々起きているのも事実です。

早期解決しないといけない問題だと思います。

ロヒンギャの意味は少しでもわかっていただけましたでしょうか?

奥が深く、簡単しか解説できませんでしたが、

少しでも早くロヒンギャ問題は解決して、

普通の生活が訪れることを祈っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*