大谷翔平の現在の評価や経歴と年俸は?・エンゼルス入団の理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

大谷翔平さんが2017年12月9日にロサンゼルス・エンゼルス入団を本拠地アナハイムで入団を発表しました。

ケガにより、プレーできなかった時期もありましたが、大谷選手の復活をし、海外で進出です。

子供の頃からの夢だったこともあり、気合が入るでしょう。

日本プロ野球界で将来を期待されていることは、言うまでもありませんが、メジャーでは通用するにかも気になるところですね。

今回テーマは、大谷翔平選手の海外の反応や、最新情報を調べて見ました。

大谷翔平選手の海外の反応は?

メジャー進出を決定し、海外の反応はどうなんでしょうか?

大谷選手の入団するチームはロサンゼルス・エンゼルスで、メジャーリーガーの大谷翔平の誕生にエンゼルファンの興奮が止まらず、喜びを感じているそうです。

2017年12月9日(日本時間)に代理人のネズ・バレロ氏が声明発表し、球団の公式Twitterに投稿。

『ショウヘイ・オオタニがエンゼルの組織への加入を決心したことを我々は光栄に思う』

返信欄にもファンからのたくさんのコメントも寄せられていて、『素晴らしい獲得!』『日本の希望がやってきた』など大谷選手の海外の反応はフィーバー状態しています。

大谷選手の海外の評価や選任された理由は?

海外では150kmのストレート投げる選手は溢れるほどいて、ウチゴロとも言われています。

しかし、160km超える選手は少ない状況です。

大谷選手は高校時代には160kmを記録をしていて、10月16日のクライマックスシリーズで165kmrという最速記録を出し、フォークに関しても150kmを超えの記録をもつので、絶対に打たれないと海外での評価も高い理由の1つとなっています。

実は大谷選手投手は投手・打者の両方の評価が高く、さまざまなコメントがあります。

メジャーの中継の解説者の高橋直樹氏

『メジャー関係者の間では、投手より打者としての評価があり、メジャーで大活躍して多数の記録を持つイチロー選手も大谷選手の打者の評価をしていました。」

パ軍のグリーン監督

『スピンの利いた球は日米関係なく、ベスト投手の一人。すべての監督が欲しがるのは間違いない』

ア軍スカウトのTトーマス氏

ワンダフル!『聞いた通りの投球で彼はダイナマイトのようだ。いずれ来てほしい』

日本の解説者・監督・スカウトなどの方々からの評価はかなり高いことは間違いないでしょう。

海外の野球関係者や地元の人のコメントもあります。

D・ロバーツ監督・ドジャース

『何度でもビデオを見た。難しいチャレンジだが、やれると思う。本当に特別な選手。メジャー入り決断した暁には是非ドージャスのユニホームを来てほしいね』

ロサンゼルスの地元紙(ドジャースの本拠地)

『地球上で最高の有望株』と大絶賛している。

パレドス

『実際に会って体のサイズに驚いた。足腰も見事で、プロ4年目とは思えなく、1人で松井とダルビッシュを務める選手として、パトレスの一員になってもらいたい』

など海外の評価も高く、大谷選手は世界からの注目、期待も込められていて、メジャーに選ばれた理由もわかります。

これからの大谷選手のには目がはなせないですね!

追記します!

メジャーで活躍されている選手やさまざまな方からのコメントが出てきていますね。

ヤンキーズ・田中将大投手

『大谷選手は二刀流は成功すれば称賛されると思うし、是非そうゆう選手になって欲しい』

ドジャーズ・前田健太投手

『投げ合えたり、バッターとして対戦できたらうれしい。まだまだ日本人選手が増えるので盛り上げていければと思いま

侍ジャパン・稲葉篤紀監督

『また新しいチャレンジが始まる…日本を代表していくわけなので、世界一になって欲しいという思いですね』

北海道日本ハムファイターズ・大谷選手の恩師でのある栗山監督

『エンゼルスはとてもいいチームだと思うし、自分のことを翔平自体が理解しながら、決断したことは凄く良かったなと思います』

エンゼルス入団を決めた理由は、『なんか縁をみたいなものを感じた気持ちの部分で決めました。エンゼルスのオーナー・モレノ氏の存在が大きいとも言われています』

大谷翔平選手のプロフィール

  • 大谷 翔平(おおたに しょうへい)
  • 北海道日本ハムファイターズ時代
  • (2013年)

  • 基本情報
    • 国籍 日本の旗 日本
    • 出身地 岩手県奥州市
    • 生年月日 1994年7月5日(23歳)
    • 身長 193cm
    • 体重 97kg

    選手情報

    • 投球・打席 右投左打
    • ポジション 投手、外野手、指名打者
    • プロ入り 2012年 ドラフト1位
    • 初出場 2013年3月29日
    • 年俸 2億7,000万円(2017年)[1]
    • 経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
    • 花巻東高等学校
    • 北海道日本ハムファイターズ (2013 – 2017)
    • 国際大会
    • 代表チーム 日本の旗 日本
    • プレミア12 2015年

    引用元 ウィキペディア

    ストレートは165km最速記録を出していて、非常に珍しいスタイルで投手・野手の『二刀流』選手です。

    大谷選手は素晴らしい潜在能力がある人なのです。

    2016年には100安打も達成、103安打・22本塁打・10勝し、チームの優勝に導き大きな影響を残しました。

    大谷選手の現在の年俸は2億円のですが、エンゼルスの入団を決まり、大谷選手の投手としての評価はまちがいなくトップクラスなので、年俸7年間総額1億7550万ドル(約186億円)で契約した、ヤンキースの田中将大選手も上回るってもおかしくないとメジャーリーグ研究家の、福島良一氏も絶賛しています。

    一気に金額が跳ね上がる可能性は高いでですね。

    まとめ

    大谷選手の海外の反応や最新情報などについて調べてみました。

    世界中の期待を背負っています。

    かなりのプレッシャーはあると思いますが、スーパースターなのでしょうがないですねw

    エンゼルスに入団決まり、これからもさらなる活躍することは間違いないので、目が離せないので、暖かく大谷選手を見守りましょう。

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    スポンサーリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *