【イケメン】大迫傑の身長や体重は?出身高校や大学もまとめて調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

素晴らしいニュースが飛び込んできました。

大迫傑選手がシカゴマラソンで初の2時間5分50秒の日本新記録をマークして3位に入りました。

今大会の日本人の表彰台は87年の優勝した瀬古利彦以来の30年ぶり。

マラソンはここ何年も低迷していて、女子マラソンが話題なることが多かったです。

シカゴ大会で大迫傑選手が表彰台に上がったことにより、男子マラソンも注目していくのではないでしょうか!

今回、日本新記録をマークしたイケメン大迫傑選手にスポットを当ててみました。

  • 大迫傑の簡単なプロフィール(身長・体重・経歴など)
  • 大迫傑の出身高校・大学

など調べてみました。

スポンサーリンク

大迫傑のプロフィール(身長・体重・経歴など)

それでは、簡単にプロフィールや経歴をご紹介していきたいと思います。

  • 名前 大迫傑
  • 生年月日 1991年5月23日(27歳)
  • 出身 東京都町田市
  • 身長 170cm
  • 体重 53kg
  • 所属 ナイキ・オレゴン・プロジェクト

身長は170cm、体重が53kg。

大迫傑選手は町田市立金中学校で本格的に陸上競技を始めます。

中学3年生の時に第33回全日本中学校陸上競技選手権大会3000mで3位に入賞。3000mで東京都中学校最高記録8分41秒59をマークしました。

陸上を始めてから数年で東京都中学校最高記録なんて相当努力したんでしょうね!

大迫傑の出身高校や大学(経歴)

大迫傑選手は、佐久町聖高校に進学しています。

2008年(高校2年)5000mで史上4人目となる13分台を記録。

1シーズンで同一高校から複数選手が13分台をマークした初例にもなり、同年、全国高校駅伝で自ら志願してアンカーを務めいます。

それにしてもスゴイ自信ww

裏を返せば、勝ちたいと気持ちが相当強かったんでしょう!

その結果、1位で襷を受けて、そのまま区間賞の活躍を見せ、またチームの外国人選手を含まない記録としては過去最高の2時間02分18秒を記録。

佐久町高校の初優勝に貢献しました。

出身大学は、早稲田大学に進学しています。

2010年7月にカナダ・モンクトンで行われた、世界ジュニア選手権10000mに同学年の志方文典選手と出場しました。

大迫選手は8位入賞、志方選手は9位入賞。

同年に第22回出雲駅伝では2区を走り先頭をキープしていたが、後続で差を詰められて、大迫選手にとっては、悔しさが残る大学駅伝だと語っていたそうです。

箱根駅伝でもその実力を発揮して早稲田大学に優勝を貢献。

個人戦でもチーム戦でも実力を発揮しまくってますねww

それでも世界には通用していない。

やはり世界の壁は厚いということを実感させられます。

その後、2015年に現在所属のナイキに移籍してプロとして転向。

そこから猛練習する大迫選手。

ボストンマラソンでは1位との差50秒、2位との差30秒差。

まだまだ優勝は狙えるとこにいます。

日本のマラソンの長距離界といえば、大迫選手ということを証明してくれました。

東京オリンピックまであと3年。

大迫傑選手ならきっと優勝してくれるでしょうね!

関連記事→大迫傑の練習が凄い!トレーニング方法を調べてみた!

まとめ

今回、大迫傑選手の身長や体重・経歴・出身高校から大学まで調べてみました。

  • 身長170cm/体重53kg・マラソンベスト体型。
  • 出身高校は佐久町聖高校。
  • 出身大学は早稲田大学。
  • 努力家。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください