恩赦とは?簡単にわかりやすく意味を説明!フジモリ氏はなぜ恩赦に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

現在、ネットやメディアでも話題になっている言葉があります。

恩赦と言葉がよく出てきます。

少し前の話題だと、

  • 法務省が恩赦検討
  • 銃不法所持の恩赦
  • トランプ恩赦説

など出てきています。これだけ聞いてもさっぱり意味がわからないですね。

さらに2017年12月24日にペルー大統領府のクチンスキ大統領が在任中の人権侵害などの禁錮25年の刑に服したフジモリ元大統領(79)の恩赦を決めたと発表がありました。

恩赦と意味が気になる人や分からない人はたくさんいるとおもいますので、恩赦を意味を簡単にわかりやすく解説していきます。

少しでも理解して貰えれば幸いです。

スポンサーリンク

恩赦とは?簡単にわかりやすく解説

恩赦とは(おんしゃ)わかりやすく簡単に説明すると、

裁判で決まった刑罰を特別な恩典によって許し、特別なありがたい処置によって刑を軽くすることや許すこと。

内閣が決定して天皇が認証することです。

大きく分けると『個別恩赦』『政令恩赦』になります。

個別恩赦とは→個人の申し出によって中央更生保護審査会が審査すること。

政令恩赦→政令で刑や罪の種類により、基準日などを定めて一律に実施すること。

恩赦の中にも様々に種類があって、

特赦(とくしゃ)大赦(たいしゃ)復権(ふっけん)減刑(げんけい)の5つの種類があります。

  • 特赦(とくしゃ)特定の人の有罪判決が無効になること。
  • 大赦(たいしゃ)有罪判決が無効になり、有罪判決が出ていない場合などは公訴権「この場合、公訴を提起し裁判を求める検察官の権能が消滅すること」
  • 復権(ふっけん)有罪確定で失ったり停止されたりする資格の回復、有罪、破産の宣言によって失った権利、資格を取り戻すこと。
  • 減刑(げんけい)決まったいた刑を軽くすること

今回の使い方の恩赦を振り返ってみると、

フジモリ元大統領が恩赦を決めたと発表がありました。

亡命先の日本を離れた2005年の11月以来の12年ぶりのことで、

禁錮25年と言われているので本来であれば、2030年の計算になるので、刑が軽くなったとのことです。

恩赦の意味をわかりやすく簡単にいうと刑の処罰が少なくなったのことです。

でも、なぜ恩赦を決めようとしたのでしょうか?

クチンスキ大統領が恩赦を条件に議会で多数を占めるフジモリ派野党の一部の人と取引したことが考えられますね。

でなければ、恩赦にはならないですから、なにかしらのアクションはおこしたのでしょう。

まとめ

最近、恩赦という言葉が聞く事が多いので、簡単にわかりやすく書いてみましした。

少しでも理解してもらえたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*