監督退任!西野朗の引退理由や今後・後任の候補情報!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは、

2018年W杯ロシア大会は盛り上がり魅せてくれましたね!

決勝トーナメントまでいきましたが、惜しくもベルギーに敗れてしまってベスト8を逃してしまいました日本代表。

W杯ロシア大会の2ヶ月前にハリルホジッチ前監督が退任して、どうなるかと思いましたが、西野朗さんが時間のない中、調整をして、選手と一願になってやってきました。

次は東京オリンピックに向けて体制を整え、期待をかかってましたが、

西野朗さん退任を発表。

これからが楽しみだった方や悲しい方も多数いると思います。

西野ジャパンがもう見れなくなるので…

今回、西野朗さんの引退理由・後任も気になるので調べてみました!

スポンサーリンク

西野朗の引退理由や今後は?

田島幸三会長が西野朗さんが監督に指名した際に、結果がどうであれ、W杯ロシア大会で終わるからと要望あり、その約束はしっかりと守りたいと話しています。

4月の段階から決まっていたことだったんですね!

でも西野朗さんは、退任してもサッカー界から離れるとかではなく、『違った形でもサポートして貢献していきたい』と語ってくれたそうです。

西野朗さんは監督を受けた時から、W杯ロシア大会が終了したら退任するという気持でここまできた。今は任期を全うした気持ちでいる。

と話しています。

今回のオファーがきた時から、決まっていたことで、西野さん本人の意思で退任したことで間違いなさそうですね。

後任の候補は?

西野監督の退任が決まって後任が気になるところです。

候補に上がっているのは元ドイツ代表のユルゲン・クリンスマン監督。

複数のメディアからの報道なので現時点は後任に可能性は高いと考えています。

ユルゲン・クリンスマン監督は、現役時代はかなり活躍していて、旧ドイツのストライカーを務めてました。

    1990年 ワールドカップ・イタリア大会
    1996年 ヨーロッパ選手権

優勝を果たし、その当時から貢献したそうです。

  • 2004年 ドイツ代表監督に就任。
  • 2006年 W杯で3位

と実績のあります。

スポニチ情報だと、ユルゲン・クリンスマンで勧めているらしく、日本側は年俸200万ユーロで約2億6000万円で、前向きに考えているとのこと。

ユンゲル・クリスマン監督本人も前向きなら十分あります。

今後の日本のサッカー界も目がはなせないですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*