NHK受信料の金額は?年払いがお得?支払い方法選択が重要!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

NHK受信料で世間が混乱しています。

受信料義務が合憲になって、

これから支払いを義務化されましたね。

放送法第64条に協会の放送を受信できる場所に設置したら、

協会と放送の受信について契約しないといけないという義務。

そうなってしまうと、

ほとんどの皆さんが契約して支払いをしなければならないですね。

受信のできる設置の意味というと、

インターネット繋いだ、パソコン、スマートフォン(ワンセグ付き)テレビなど様々あります。

今までは義務化されていなかったので、個人で決めることができましたが、

NHKの訪問してくる方は結構しつこいです。

NHK受信料支払い義務になった以上、

支払いをしない人には、

今後は訪問がきつくなるかもしれませんね。

契約するなら少しでも料金が安い方がいいので、

今回、NHK受信料は料金が安くなる方法をご紹介します

1ヶ月・年払いなど。

スポンサーリンク

NHK受信料は料金は?

一般的な地上波で1ヶ月1310円になります。

衛生放送などの契約で1ヶ月2280円と1000円近く変わります。

場所によって金額が少し異なります。

NHK受信電波が弱い地域などは、特別契約になるので、

1ヶ月1035円になります。

大半の人は上記の値段になりますね。

支払い方法はクレジットカードまたは口座引き落としです。

今まで支払ってないものなのでしっくりはこないですね。

NHK受信料は年払いがお得?

今現在契約している人や、これから契約する人、

いると思いますが、

支払うとなれば少しでも安い方がいいですよね。

NHK受信料は支払い選択で安くできるのです。

支払いの選択は何種類かあるので、ご紹介しますね。

NHKの受信料に支払いのオススメなプランは?

NHK受信料の支払い選択種類は、

1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月払いの支払い4つのパターンの支払い方法があります。

振込み票は月100円手数料がかかますで、

年間1200円変わりますんで、

クレジットカードや口座引き落としのすると、

手数料がかからないのでお得になります。

年払いがお得?

様々にプランがありましたが、

一般な地上契約だとNHK受信料は年間13990円かかりますが、

年払いすると7,61%の割引ができるので、

年間1990円安くなることができます。

※年払い→1年間まとめて1度に支払うこと

10年で約20000円も安くなるので長く考えるとさらにお得になります。

まとめ

NHK受信料は今まで支払いしていない人にとっては、

納得していないか人もたくさんいると思います。

料金が安くなる方法をご紹介しました。

少しでも役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください