マイネオのiPhone auのデザリングはできる?有料化については?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

現在、iPhone使用している人は多いですが、機能がたくさんありすぎて使い切れていない人のいると思います。

私も全然使いこなせていないですが…ww

便利な機能が多数ありますが、使うことができないと意味ないですよねww

最近は、mineo(マイネオ)にしている人は多いです。

iPhone(au)のデザリングを使いたいけど、使えないという人が多数いるとのこと。

iPhone(au)でデザリング機能を使うときは注意しないといけないところもありますのでご紹介していきますので少しでも理解してもらえれば嬉しいです。

  • デザリングとはなに?
  • Bluetootデザリングとは?
  • USBデザリングとは?
  • Wi-Fiデザリングとは?
  • iPhoneのauはデザリングは可能?

スポンサーリンク

デザリングとはなに?

デザリングという言葉は聞いたことある人の多いと思いますが、実際になにっと聞かれると説明ができないという声もあったのでご紹介します。

iphoneではWi-Fiの環境のない場所でも携帯の電波『モバイル回線』がある箇所であればスマートフォンを親機にしてPC、タブレット、ゲーム本体など様々な外部端末に接続して、スマートフォン(親機)のモバイル回線を使ってインターネットに接続できる機能。

わかりやすく説明すると、ポケットWi-Fiやルーター(親機)の場合パソコンや携帯に外部端末につなぐことです。

注意としては電波のあるところでないと接続はできない。

図を見てもらった方がわかりやすいと思ったので2つ用意しました。

インターネットが繋がる場所→モバイル回線→スマートフォーンモバイル回線を繋ぎ(タブレット・ゲーム機・パソコン)接続可能ということになります。

デザリングの便利なところは、スマホやタブレットでデータ通信することができるので上記でもお話しましたがパソコンやゲーム機できます。自宅に限らず移動、現在であればカフェなどでもインターネットの接続ができ、パソコン使って作業することも可能、少し容量が思いゲームもイライラすることなくできます。

現在、デザリングを活用している人は多いではないでしょうか?

デザリングの接続方法もいくつかありますのでご紹介したいと思います。

Bluetootデザリングとは?

Bluetoot(ブルートゥース)とはデシタル機器の無線によるデータ通信ができる機能になります。

メリットは通信する機器の間に障害する物があったとしても通信することが可能。他のデザリングより電池の持ちが良い特徴があるので充電が残りわずかとか、少しの調べ物などであればBluetootデザリングがオススメです。

しかし、デメリットとあり、近距離限定や通信速度が遅いという特徴もあるので使用する内容によっては使いずらい難点のあります。

USBデザリングとは?

USBデザリングはスマホ(親機)とデザリングしたい端末をUSBケーブルを使って接続することができます。

メリットは、セキュリティーが高く・通信速度も早く・充電をしながらデザリング機能が使うこともできる。

デメリットは、USBケーブルが必要なので持ち運ぶという手間があり、作業効率が少し落ちてしまいますが、そこを抜きとすれば、総合的に見ても一番オススメだと個人的には思います。

Wi-Fiデザリングとは?

Wi-Fiデザリングが一番スタンダードで使われている人も多いと言われています。

スマホのWi-Fi機能を利用することでゲーム機・タブレット・パソコンに接続できる機能になります。

iPhoneのauはデザリングが可能?

現在はiPhoneやipadからもインターネット共有ができる時代で多数の人が活用しています。いわゆるデザリングですね。

マイネオ・iPhoneのauのAプランではインターネット機能(デザリング)が出来ません。

以前までデザリングオプション利用料無料キャンペーンがありましたが、2018年4月からauのデザリングが有料化されるとのことです。

注意しないといけないことは、デザリングの申し込みは自分で解約しない限りは、自動でオプションが追加されて毎月500円がかかってしまいます。

毎月500円…非常にもったいないです!!

まだ解約手続きをしていない人は、解約することをオススメします。

パソコンでデザリングを使うなら、iPhone2台持ちにして格安SIMのマイネオ(mineo)のシングルタイプお勧め。

ドコモ(docomo)Dプランなら回線や通信エリアも安心ですし、通信速度も気にならないです。なお、マイネオ(mineo)のシングルタイプは料金が安いというメリットもあり、使用する人にとっては快適に使うことができます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*