今年の漢字はなぜ清水寺なの?その理由は?「北」と選んだ理由も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

毎年年末に世相を表す漢字が選ばれます。

今年の(2017年)の漢字も日本漢字能力検定協会は12日に、この1年の世相を表す漢字をと発表しました。

清水寺は豪快に書くことが印象があります。

今年(2017年)の漢字は清水寺に決定したのか?北に決まった理由も気になったのでまとめて調べてみました。

スポンサーリンク

今年の漢字・なぜ清水寺なの?

世相を漢字を漢字一文字を表す今年の漢字財団法人日本漢字能力検定協会で行っています。本部は京都にあることから、

清水寺は日本の代表するお寺であるということも関係しています。

日本漢字能力検定協会の元理事は清水寺の貫主・森清範さんことなので、今年の漢字は清水寺で決めた理由になっています。

毎年できる限り紅葉のいずれかの時期には訪問するとしている。観光客も多いが何度いっても飽きない寺としても有名な場所でもあります。

今年の漢字は北に決まった理由は?

「北」は今年さまざまなキーマンなところで使われているからです。

プロ野球の北海道日本ハムファイターズに早稲田大学の清宮幸太郎選手が入団、北朝鮮による弾道ミサイルの発射などの動向、競馬界のキタサンブラックが活躍したなど、そこから3つの言葉から共通すると文字を取り、今年の漢字は「北」に決定しました。

今年の漢字・日本漢字能力検定はいつから始めった行事?

日本漢字能力検定キャンペーンイベントも今年の漢字は1995年から始まっていて今年で22回目になります。

サラリーマン川柳や流行語大賞など共に世相を表すものとしても毎年話題になっており、たくさんの方々は訪れている。

興味がある方は是非一度足を運んで見てください。なにか新発見ができるかも…

まとめ

今年の漢字の開催された場所は清水寺ということ。

なぜ清水寺になのか?代表的なお寺で、本部が京都で、日本漢字能力検定元理事が森清範さんであることが理由です。

今年の漢字・北という文字に決まった理由は2017年に話題になった3つの言葉に共通な言葉が「北」を取り決定しました。

さまざまな意味はが込められていますね。

まだ早いですが来年の漢字を予想してみますww

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*