機能性発声障害とは?原因や治療期間・発声障害になった芸能人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

ロック・バンドで大人気のボーカル・リンドバーグの渡瀬マキさんが公式のホームページで機能性発生障害を診断されたといいます。

原因不明とも言われている機能性発生障害ですが、いったいどのような病気なんでしょうか?

今回の内容

  • 機能性発声障害とは?
  • 機能性発声障害原因は?
  • 治療期間や治療法は?
  • 機能性発生障害になった芸能人は?

などご紹介していきます。

スポンサーリンク

機能性発声障害とは?

機能性発声障害とは、声が出す時にかすれてしまう、嗄声という症状のことをいいます。

内容を噛み砕くと、声を出す時、肺に空気を吸い込み、喉頭で声帯を振動されることから、口腔や舌、咽頭の動きで音に変化をつけて声が発することです。

機能性発声障害原因は?

次はどのような原因から発症するのか、調べて行きます。

様々な理由がありますが、

  • 変声障害 声がわりが順調にいかないこと
  • 心因性発声障害 ストレスや精神的な原因から発すること
  • 筋緊張性発声障害 喉や舌の筋肉が緊張して声がつまること

などがあります。

特に多いと言われているのは心因性からの発声が多いとも言われています。

治療期間や治療法は?

機能性発声障害は、どの器官や部位が異常なのかによっても症状や原因も分かれています。

声が出にくいなどの症状の場合

  • 声帯や喉を休ませることが重要、負荷をかけることはNGになります。

その後の経過を見て、改善されない場合は放置せず耳鼻科・専門医に見てもらうこと大切になってきます。

耳鼻科など専門医に診断してもらっても完治しないケースも結構あるようです。

現在、

  • 母音の発声と子音の発声を回復する発声の治療
  • 喉頭ファイバースコープで喉頭を刺激する治療

もあるとのことです。

ストレス・精神的ショックが原因の場合

  • ストレスを与えないようにすることが一番ですが、難しいことでもあります。生活環境を改めて整える、専門医に相談することが手段の一つのなります。

治療期間は内容が様々あるので個人差はあるようですが、数週間~数ヶ月と言われています。

機能性発声障害ななった芸能人は?

この機能性発声障害は多くの芸能人の方もなっています。

  • ゴールデンボンバーの鬼龍院さん
  • ナイトメアのヨミさん
  • Juice=Juice宮本佳林さん
  • 山村隆太さん
  • リンドバーグ・渡瀬アキさん

ここだけ見ると歌手の方が多いですが、一般の方でもなる可能性が全然あります。

精神的な部分でも発症する病気でもあるので、治療も困難だと思いますが、乗り越えている方の多数います。

少しでも異変が起きたら専門医の診断・ストレスからも発症するので生活環境も変えることも大切になってきますね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください