iPhone速度が遅い原因や対処法は?重い理由もまとめて調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

Appleと言えばiPhoneですが、2017年の12月28日に稼働速度(速度低下)を意図的に下げていう問題が分かりました。

それによって、iPhone6以降の機種を対象にバッテリーを交換が必要に関するものは保証期間外でも約3300円に値下げすることを発表しています。

期間は2018年の1月から12月になります。

確かに、買った当時は最新だったiPhoneも数年使ってしまうち動作が重くなったりバッテリーが弱くなることによりそのソフトウェアが意図的にそうしている可能性もあります。

でも使用するのであればストレスをなく使いたいもんだと思います。

今回、iPhoneの速度が遅い(速度低下・重い)原因や対処法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhone速度が遅い(速度低下)の原因?(

まずはどのような現象が速度低下なのかを見て見ましょう。

動作が固まったり、突然に電源が切れた、バッテリーの低下など様々あります。

長く使っているとバッテリーのメモリや劣化の空き不足で、決められるデータが端末によって決められていることを関連にしています。

iPhoneに限らずですが、電波の良くないと何度の起動したりすると、負担がかかってしまし速度低下にもつながる可能性もあります。

iPhoneの速度が遅い(速度低下)の原因?(サイトが混雑している場合)

サイト側のサーバーに負担がかかっている場合の原因は、多くの人がいる場所で通信を利用している人が多い時は速度低下につながります。

iPhoneの速度が遅い(速度低下)の対処法は?

iPhoneの速度が遅い(速度低下)の対処法は様々ですが、

容量を抑えたり、多くの人がいる場所を利用する場合は再起動をするか、Wi-Fiを切って接続すると通信速度は戻る可能性はあります。

透明度を下げるのも有効的と言われていて、iPhoneのドックフォルダや通知センターには背景が透ける視覚に効果があり、端末の負荷が少なくいわれています。

手順は↓↓↓

設定→一般→アクセシビリティー→コントラストを上げる→透明度を下げるの項目があるのでスイッチをオンにしてください。

インストールしているアプリが本当に必要かも見直すことも必要です。

アプリによって容量が重い、動作が遅いなどある場合はキャッシュなどのデータが大きくなっている可能性も十分にあります。

有効的でもあるので是非一度ためして見てください。

少しでも快適に使えるようにするためには、まだまだ解明しないといけないので、なにか発見したら更新しますww

まとめ

iPhoneの原因と対処法をご紹介しました。

通信は完全な解決するには、時間がかかりますが、使っている人にとっては少しでも使いやすくほうがいいですよね。

原因や対処法もまだあると思いますが、少しでも参考にして貰えれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*