本庶佑の経歴や学歴は?学術賞もスゴイのでまとめて調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

2018年ノーベル医学生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑氏特別教授と米テキサス大のジェームス・アリソン教授の2名が受賞。

本庶佑氏は免疫の働きにブレーキをかけるタンパク質『PD-1』を発見。

このブレーキーを取り除くことでがん細胞を攻撃する新しいタイプの『がん免疫療法』の開発に結びつけた功績が評価されてノーベル賞受賞になりました。

素晴らしいの一言です。

がんに悩んでいる人は多数いて、がんの研究して成果を出すことで救える人間も多数いることだと思います。

今回、ノーベル賞受賞した、本庶佑氏の経歴を調べてみました。

スポンサーリンク

本庶佑のプロフィール

  • 名前 本庶 佑(ほんじょ たすく)
  • 生年月日 1942年1月27日(76歳)
  • 日本の旗 京都府京都市
  • 居住 日本
  • 国籍 日本
  • 研究分野 医学

研究機関

  • 京都大学
  • 東京大学
  • 大阪大学
  • 静岡県立大学

出身校

  • 京都大学医学部進学課程修了
  • 京都大学医学部専門課程卒業
  • 京都大学大学院医学研究科修了
  • 博士課程・指導教員 西塚泰美
  • 他の指導教員 早石修

主な業績

  • リンパ球がクラススイッチ組換えや体細胞突然変異により遺伝子を改変し抗体を作る
  • 仕組みの解明活性化誘導シチジンデアミナーゼの発見
  • 影響を受けた人物 柴谷篤弘
  • 関連記事→本庶佑(京都大学)ノーベル賞受賞の理由は?師匠と弟子の関係を調査!

    本庶佑の経歴は?

    1942年京都府京都市生まれで、医師である父親の仕事の都合により、育ちは山口県宇部市に育ちました。

    高校は山口県立宇部高等学校を卒業しています。

    • 1960年 京都大学医学部医学科入学。
    • 1966年 京都大学医学部医学科を卒業。

    大学時代に同期の中西重忠さんと知り合います。

    かつて父親の同僚でもあった柴谷篤弘さんの著書を読んで感銘を受けた本庶佑さんは。柴田さんに会いにいき。父親や柴田さんのアドバイスを受け、早石修も門下となりました。

    • 1967年 京都大学大学院の医学研究科の生理系専攻に進学。

    博士課程では、早石の下にいた西塚泰美さんより指導を受けたという。

    大学院在籍中に医師国家試験に合格。

       

    • 1971年 京都大学大学院の医学研究科を修了。
    • 1975年 京都大学より医学博士号を取得。

    本庶佑さんは自分にすごく厳しい人なので研究に人生をかけていたのでしょうね!

    主な活動(学術的)

    大学院修了後、京都大学医学部で、副手となります。

    • 1974年 東京大学医学部の助手を務める。

    その間、ガーネギ研究所で発生学部門の客員研究員を兼任したり、アメリカ国立衛生研究所傘下の国立小児保健発達研究所で、分詞遺伝学研究室の客員研究員を兼任したりして。アメリカ合衆国の研究機関の客員として活動もしてました。

    • 1979年 大阪大学の医学部にて教授に就任。
    • 1982年 京都大学医学部の教授も併任。
    • 1984年 京都大学医学部教授が本務になります。
    • 1989年~1998年 弘前大学の医学部ぼ教授に併任。
    • 1995年 京都大学大学院の医学研究科が本務になる。
    • 2005年 京都大学大学院の医学研究科(特任教授に就任)
    • 2006年 同研究科の客員教授。
    • 2007年 京都大学の高等研究院(特別教授を務める)
    • 2012年 静岡県公立大学理事長
    • 2015年 公益財団法人先端医療振興財団理事長

    関連記事→本庶佑の妻や息子や娘は?出身高校た大学を調査!

    学術賞

    • 1978年 日本生化学会
    • 1984年 大阪科学賞・木原賞
    • 1985年 ベルツ賞
    • 1988年 武田医学賞
    • 1992年 ベーリング北里賞
    • 1993年 上原賞
    • 1996年 恩賜賞・日本学士院賞
    • 2012年 ロベルト・ゴッホ賞
    • 2014年 ウィリアム・コーリ賞
    • 2016年 京都賞基礎科学部門
    • 2017年 復旦・中植科学賞
    • 2018年 ノーベル生理学・医学賞

    まとめ

    ノーベル賞を受賞した本庶佑さんのついて調べてみました。

    経歴も素晴らしく以前も多数の賞がありましたね。

    がんの進行は早く改善できない部分はまだまだあります。

    賞はもちろんですが、このような研究をしていることが日本の誇りで、必ず誰かの助けになると思うので、これからも頑張ってください!

    そして、ありがとうございます!

    最後に本当におめでとうございます!

    スポンサーリンク

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください