広島・鈴木誠也がタンカ退場・松葉杖で病院・今までありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今は熱く時期の真っ只中で集中力が切れたり、夏バテする時期で、風邪や怪我などは気をつけたい所ですがなかなか減りません。

23日の横浜スタジアムで野球選手(DeNA-広島)の鈴木誠也外野手(23歳が試合中にケガによるアクシデントで退場。

スポンサーリンク

鈴木誠也のプロフィール

  • 名前:鈴木誠也
  • 生年月日:1994年8月18日(22歳)
  • 身長:181CM
  • 体重:90kg
  • 国籍:日本
  • 投手・打席:右投右打
  • ポジション:外野手、内野手
  • プロ入り:2012年 ドラフト2位
  • 年俸:6000万円(2017年)
  • 二松學舎大学付属高等学校
  • 広島東洋カープ(2013‐)
  • どのような場面でケガをしたのか?

      DeNAの戸柱の右翼後方への(大飛球)で鈴木選手はフェンスにぶつかりながらも、ジャンプ一番でキャッチする超ファインプレーをした。かなりの集中力とガッツがないとできないです。

      なかなかできることではありませんし、見てる人感動を与えてくれました。ありがとうございます。

      そこまでは良かったですが、超ファインプレーし、大歓声のあと、着地後に足首を痛めたのか、そのまま倒れ込んでだ。右足首を押さえ込ん
      でプレー続行は厳しいとみなし、タンカーに運ばれて退場した。

      鈴木選手本人は、足首です。着地時かと聞くとわかりませんが、大丈夫でしょと話した。タンカの運ばれるくらいなので、かなり痛いはずなのにファンの皆さんが心配しないようにその言葉言ったのかもしれません。感動しましたね。

      松葉杖ついて右足首を包帯でぐるぐる巻きにして、病院にむかっていったそうです。

      最後に鈴木選手は、今までありがとうございました。と冗談を言い残していった。

      ファンの皆さんや色んな方々が心配しており、大したケガじゃない事を願い、早く直して、更なる活躍を期待し見守ってい行きましょう。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*