比企理恵・死去やパニック障害と検索が出る理由は?結婚相手も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

2017年12月15日TBS放送の金スマに比企理恵さんが出演します。

内容はダイエット企画で参加したようですね。

比企理恵さんはドラマた舞台でも活躍として多数出演していて、以前はテレビつけると毎回いるくらいのイメージです。

でもそんな比企さんをネットで検索すると死去と出てきますね。

今回はそんな比企理恵さんのをついて調べて見ました。

スポンサーリンク

比企理恵さんのプロフィール

比企理恵さんは1965年に生まれで、本名は中越理恵子さんといいます。

1979年に第4回ホリプロタレントスカウトキャラバンで優勝を取り歌手デビューしました。

テレビドラマでも多数でていて、ミュージカルでは「ピーターパン」で6年連続でウェンディ役を演じ、2001年からはダーリング夫人を演じます。

2010年の公演では出演回数がなんと500回を超えています。

500回は脅威ですね。

1年は365回しかないのでかなり多忙で人気だったことがわかります。

2010年にて魔女たちの22時で結婚を発表をして、その相手は高校時代の同級生で中越司です。

比企理恵さんはなぜネット検索したら死去やパニック障害とでる理由は?

比企理恵さんは18歳の時子宮頸ガンと診断されてショックを受けながら、たくさんんの民間療法を試したり宗教家の心霊療法を受けいます。

3ヶ月後には、ガンが消えたと診断を受け、このことを体験してから目に見えないものの存在を信じるようになったという。

2年後の20歳半ばにパニック障害や金縛りに悩んでて、同時に父親が病気になってしまい、宮下登美夫さんの勧めで親子三人で長野市にある戸隠神社に本格的に参拝にいったそうです。

そしたら自身の症状が消えて、父親の病気も治ったんです。

比企さんはこのような経験をしたことから広まっていって、死去やパニック障害とネットで検索するユーザーが増えたため記載されているのでしょう!

まとめ

比企理恵さんは若い頃は人気もありましたが、いろいろ苦労してきているのですね。

様々な壁を乗り越えきた人だからこそ今がるのでしょう。

今後の活躍も期待していますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください