合憲とは?わかりやすく説明・NHK受信料義務はどうなる?  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6日にNHK受信料で義務つける裁判あり、

判決がしました。

『判決は公共放送の意義を認め、受信の契約を義務つける受信料制度が合憲であるとの判断を最高裁』が

示したものとにことです。

この判決には驚いた方もたくさんいると思います。

私も驚きました!まさか合憲とは…

まずは合憲って意味は?って方も多々いたのではないでしょうか?

気になる方もいるといると思いますので、

わかりやすく合憲・違憲の意味を調べて見ました。

スポンサーリンク

合憲とは(意味)?わかりやすく

合憲の意味を簡単にいってしまうと、

憲法に違反してはいけない

ということは、

最高裁の判決がNHK受信料支払い義務は、

合憲になったことから、

収めないといけないということになります。

まだ実感の沸いていない人も多々いるでしょう。

いままでNHK受信料の支払いは義務ではないことがと思っていたかもたくさんいると思いますから。

最高裁で決まった以上、

今後NHK受信料の支払いや収めることを拒否したら、

憲法法違反になるということです。

合憲の意味をわかりやすく説明しましたが、

理解してもらえてたら幸いです。

合憲の反対語・違憲の意味は?

NHK受信料義務は合憲になった!

今回の最高裁の合憲の判決したということは、

今後は、その通りにやらなければいけないということですね。

今までは個人で契約するしないは判断もできていました。

これからは、合憲と決まったことで、テレビを見ない方でも、

設置したら支払い・収めないといけないということになりますね。

急にNHK受信料支払い義務の判決は合憲になって、

納得いっていない人や、混乱する人もたくさんいると思いますんで、

国の方の説明や決定をしないといけないですね。

関連記事・NHK受信料は年払いがお得!zi

まとめ

NHK受信料の合憲とは(意味)を調べてみました。

合憲の意味を知らずNHK受信料の支払い義務されたことがわからなく、

今まで通りだと憲法法違反になってしまうので

少しでも理解してもらえれば幸いです。

合憲の判決がでてもまだ納得してない人や、

理解できてない人も多々いると思います。

これからどのように進展していくのでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございました!

関連記事→OECDとは?わかりやすく解説!加盟国や消費税はどうなる?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*