合憲とは?わかりやすく違憲の違いも気になるので調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在NHK受信料について決定したことがありますね。

NHK受信料の支払い義務が判決が合憲という結果になり、

混乱している人もたくさんいる状況です。

しかし、合憲とか、違憲とか、わからない言葉がたくさん出てきて、

理解に苦しんでいる人のいます。

もっとわかりやすく説明しないと駄目な問題だと思います!

今回は最高裁で決定になった言葉の合憲、違憲の意味について、

解説していきますので、少しでも理解してくれたら嬉しいです。

それではご紹介しますね。

スポンサーリンク

まずは合憲とは?わかりやすく説明

合憲とはわかりやすくいってしまうと、

憲法に違反してはいけない

ということは、

以前までNHK受信料の支払い義務付はされていませんでしたが、

今回最高裁で判決がでて決まったことから、

NHK受信料の支払いはしないといけないということです。

憲法違反になります。

見ない人も義務付けなので支払いしないといけなくて、

テレビを設置しているだけで発生するとのことになります。

違憲の意味は?

違憲は合憲の反対語でもあります。

違憲の意味は、法律や命令、規則、処分など、規定に違反することです。

今回のNHK受信料の支払いの義務は違憲になれば、

規定に違反するので、支払いしなく良かったのです。

多くの人が違憲だと思っていたと思います。

合憲になったので、今後NHK受信料の支払いを拒否した場合は、

罰則になりえるということになりますね。

今後はどうように進展していくでしょうか!

まとめ

今回はNHK受信料の支払い義務の判決が決まって、

わからない言葉が出てきて、

合憲、違憲などの意味を調べましたが、

少しでも意味がわかってもらえら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*