議員立法とは?わかりやすく簡単に説明!東京五輪の祝日化はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

東京五輪が2020年に行われます。

それに渡って多数の案が出てきて、開会式の前日や閉会式の翌日を祝日にするいうことを検討しているといいます。

2017年の12月15日に衆院議員会館で開かれた総会でその際に、来年の通常国会で議員立法で関連法案成立を図ると発表していますが、議員立法ってなに?という人もいると思います。

今回、議員立法とは簡単にわかりやすく説明しますね!祝日化についてもまとめて調べてみました。

スポンサーリンク

議員立法とは?簡単にわかりやすく説明

議員立法を簡単にわかりやすくいいますと、

新しい法律を作る際に、案を作って国会に提出して話しあい採決します。

そこでさまざまに案を提出したのは政府ではなく議員や議員グループが提出をおこなって可決成立したもののことです。

法律案の多くの場合は政府が計画をおこなって官僚にに案を書かせて国会に提出するのですが、法律案を提出できるのは政府だけではなく議員も賛同ができます。

しかし、一人ではできなく賛同者が何人かいないとできないことになっています。

どのくらいの人数が必要だといいますと、

  • 一般な法律案 衆議院20人
  • 参議院 10人

最低でも賛同がないと提出ができないです。

2020年の東京五輪の祝日化はどうなる?狙いとは?

開会式と閉会式の間に祝日をするとニュースで見た時は驚きました。

今までになかった例なので祝日化をすることでサイクルがバラバラになってしまい、さまざまに問題があるので、

今後のの様子の見る必要がありますね。

東京五輪の祝日化にする狙いは、超党派のスポーツ議員連盟が各国の要因や選手団の移動を円滑化をすると同時に、警部しやすく環境を整えるのが狙いのこと。

しかし、年間16日ある祝日毛増やすことになると、経済活動を縮小されてしまい良くないという意見の飛ぶかっています。

まとめ

2020年の東京五輪が開催するにあたって様々に問題があります。

今回はその中から言葉に出てくる議員立法という意味をわかりやすく簡単に説明しました。

少しでも理解して貰えれば幸いです。

祝日化に関しては賛否両論でありますが今後はどのようになっていくでしょうか!

注目ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*