代理母出産の日本の現状は?費用と問題点もまとめて調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

元日本テレビキャスターの丸山いずみさんが代理母出産をしてロシアで男の子を授かったといいます。

おめでとうございます!

丸山いずみさんも46歳という年齢で子供を授かって嬉しいことでしょう!

しかし、日本では代理母出産というと様々に意見が出てきます。

自然に反している、人身売買の一種などの声も上がってきます。

良いことや良くないこと多々あると思いますが、反対する人の方が多いのではナイでしょうか?

でも、不妊治療や高齢など多数の理由はあると思いますが、子供を授かるために色んな手を尽くしてもk子供に恵まれないという現状はあるので、代理母出産は1つの方法です。

今回、代理母出産の日本の現状と費用や問題点を調べて見たいと思います。

スポンサーリンク

代理母出産の費用は?

代理母出産の費用はどのくらいなものでしょうか?

2018年現在、

ロシア・ウクライナ 600~1000万円・アメリカ 2500万円以上・東南アジア 200~650万円

このくらいの費用はかかります。

代理母出産は場所によって値段が異なりますが、アメリカが主流なのもあるので費用は高いと思われます。

先程もお話しましたが丸山いずみさんはロシアでやったそうで、約1000万費用がかかったと言われています。

タイに関しては技術的には先進国に比べて費用も相当安く金額は170万円で以前は現地の日本人は経営するエージェントもあると言われていて、しかし、2015年から外国人の代理母出産を禁止です。

代理母出産の問題点は?

日本では代理母出産は医学的な問題や法律的な問題、家族関係の問題点など様々あります。

代理母出産は家族関係を複雑にすることがあり、秩序が乱れるほか複雑な家族関係の中で生まれるということは、生まれてくる子供の負担が大きいと言われています。

また夫以外の第三者の精子で人工授精する不妊治療(AID)で生まれた4割は事実を知らされる前に法律上の父親とはつながりがないと感じているという。

これは調べて判明したといわれています。

2007年の最高裁判決では、『自分の卵子を提出した場合でも今の民法では母子関係成立は認められていない』という判断をしました。

まとめ

代理母出産の費用や日本でも問題点についてご紹介しました。

このような内容は賛否両論あると思いますが、私、個人の意見としては賛成です。

良くない意見も多数ありますが、代理母出産について子供には聞く事はできませんが、必ずしも子供が不幸になるとはないと思います。

確かに自然に反しているという意見や、低所得者に対しお金の力を使ってものを言わせているなどあります。

その意見もわかります。

しかし、選択肢を狭めることはなくてもいいと思います。

ホントに授かりたくても授かれない人もいますし、代理母出産でも子供を大事にするというホント気持ちが大切になってきます。

子供も大切さを多くの人伝われば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください