米百貨店Kohi’s(コールズ)アマゾンなぜ提携・気になる商品は? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今はもう誰もが知っているくらいの大手のアマゾンですね。僕も結構お世話になっていてネットでの買い物と言えばアマゾンで、値段はもちろん品揃いや信用度もありますね。

で、なんとAmazonが米国の百貨店であり上場企業のKohisがAmazonと提携。どのような理由でそうなったのか気になりますね。今後米百貨店Kohisはもちろんアマゾンはどのような方向になっていくのか調べてみました。

スポンサーリンク

米百貨店 kohisがAmazonと提携

    オンラインの大手のAmazonは、長い間、百貨店業務が低迷しているが、この状況で何個の百貨店がAmazonと手を組んで来ている。お互いのメリットがないと提携しないですね。

なぜ提携をしたのか?

    提携することによって、競合百貨店との差別化できることから、一般の百貨店とは違う視点でお客様を掴みことができ、ガジェット機器の購入で来店する方々の増加も図ることも可能になる。

    そうすることによって、より多くの方々にガシェット機器を試してもらうことができるようになり、実際使って見ることにより、お客様も商品の良さなどがわかる。

    両者によってプラスになり賢い動きになっている。全く同じやり方では今の時代厳しい。など対策を考えてKohisとAmazonの提携したのであろう。

店舗にAmazonショップを開設

    百貨店のKohisは2017年9月6日に自社の百貨店のうち10店舗にアマゾンショップを開設するなど、2017年の7月には、百貨店Searsと量販店Kmartの親会社であるSears HoIdingsが、

    自社ブランド『Kenmore』の商品の販売をアマゾン・コムで開始すると発表。

    どのような商品がある?

    Kohisとアマゾンの提携てどのような商品があるか気になるところです。

  • 音声アシスタント搭載スピーカー『Amazon Echo』
  • 『Fire』タブレット
  • 『Kenmore』の白物商
  • これから注文の多くが携帯経由になると予測して、PCから携帯に電話からタブレットに中心がうつっていくと考えモバイル用の改善に、今後は力すると言っている。

    様々な商品がありこれから先も、沢山の商品や便利な商品が多々出て来ること間違いないだろう。

まとめ

    kohis(コールズ)とAmazonの提携は様々な意味がありますね。これから時代は色んな視点から考え、様々な考え方を編み出して沢山の場所から発信するってことも大事になるし、せっかくいい商品があってもたくさんの人に触れる前に埋もれてしまいますからね。

    これからも様々な事で楽しませてくれる事、より良い商品(そそられる商品)を期待しております。まだ気になることは多々あると思うので皆さんで共有でき、少しでも参考にしてもらえれば嬉しいです。

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*