アイカツフレンズがロゴが商標登録!あらすじと意味をわかりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、

アイカツフレンズが2018年の4月にトレーティングカードアーケードゲームの稼働を予定しています。

アイカツフレンズはバンダイのデータカードダスオリジナル作品『アイカツ』シリーズの第3弾。

前作の『アイカツスターズ!』に続き、ゲームと開始と同月からテレビアニメも放送されています。

大人気のアイカツフレンズは、商標登録で発見しましたが、プリチャンは発見されていないのか?なんか不思議ですね。

  • アイカツフレンズとは?
  • 商標登録とは?
  • なぜプリチャンが商標登録で発見されなかったのか?

を調べてみました。

スポンサーリンク

アイカツフレンズとは?

初めに稼働を開始したのは2012年でシリーズ第1作『アイカツ』

そして第2作が2016年に稼働を開始『アイカツスターズ』に続き、過去に2作と同じアーケードゲームと並行してアイドル養成学校を舞台にした作品です。

そして第3作の『アイカツフレンズ』は『友達と一緒にアイカツ』はテーマになっている。

商標登録とは?

商品名や会社名、ロゴやサービス名を他人の物と識別するために標識として特許庁に登録することになります。

商標権を得た商品や図形、文字、記号、色彩などの創造物のこと。

登録者は、登録商標を独占的に使用することができ、または、登録商標と同一商品、または類似していると思われる商品の制作者に対し、侵害行為の差止め、損害賠償を請求することができます。

少し内容はズレてしまいますが、アイカツフレンズは登録商標を発見されましたが、プリチャンが発見されなかったのか?気になるので調べて見ました。

なぜプリチャンは商標登録が発見されなかった?

結論からいいますとプリチャンは商標登録されています。

そしたらなぜ見つからなかったのがですよね。

プリチャンのメインのスポンサーはタカラトミーグループでプリキュアやアイカツフレンズのメインスポンサーはバンダイグループで会社が違い、

アイカツフレンズのメインスポンサーのバンダイグループはアニメ系玩具に比率が高く、売上高がアニメ玩具になります。

プリチャンのメインスポンサーのタカラトミーアーツは、他社の先に商標登録をされるリスクと、商標登録が早期承認されることによりネタバレの可能性があるリスクを避けたことを考えた時、ネタバレの避けるのを取ったと思われます。

情報入り次第更新していきます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください